株式会社本螺子製作所
製品案内 機械設備 会社概要 採用情報 お問い合わせ
TOPページ
加工技術 製造プロセス 受託生産 モトラシのテーマ モトラシ人 Videos
スパイラルアップ ネジトピックス 社長のブログ
モトラシのテーマ
生産体制 賢いモノづくり 『最新システム』と『職人技』 複眼的検査
『最新システム』と『職人技』
職人『技』を最新システムに活かす

モトラシの生産プロセスには、職人たちが長年にわたり身に付けた“触れる” “視る”の感覚値が製品開発に活かされています。レバーの強度や反動を手がしっかりと記憶し、また精度を維持する目視力はまさに職人『技』ともいえます。
そこに経験知から生まれる工夫をプラスすることで、職人『技』が精密製品開発に大きく反映されています。当社では、これまで各工程で行われてきた『技』がもたらす値をシステムにインプットして一元管理し、今後の微小パーツの加工精度開発に役立てています。

職人『技』を自社システムへデータ化
受注から製造、納品までの一貫システムを自社で
構築しました。
(2008年2月、中部IT経営力大賞奨励賞受賞

これまで社員が身に付けた技術をシステムに組み入れ、
新たな精密部品開発に役立てています。
“触れる”“視る”感覚値を活かした職人『技』
1本の素材がまっすぐになって
いるか、たゆみがないか、計測
しています。
表面をきれいに研磨できている
か確かめています。

きちんと打印できているか、一つ
ひとつ確認しています。

サイトマップ 個人情報保護方針 ご利用にあたって

環境方針  品質方針

ISO9001:2008 認証取得

ISO14001:2004 認証取得