株式会社本螺子製作所
製品案内 機械設備 会社概要 採用情報 お問い合わせ
TOPページ
加工技術 製造プロセス 受託生産 モトラシのテーマ モトラシ人 Videos
スパイラルアップ ネジトピックス 社長のブログ
ネジトピックス

1

2

ねじの歴史

ある晴れた日に,浜辺で貝掘りをしていた原始人がたまたま尖った巻てそれを葦の棒切れに突き刺し"回転して"外した-これが人類と "ねじ"との最初貝を見つけのかかわりであったとされています。(1987年6月 22日,ストックホルムで開催されたISO/TCIの第13回本会議に おける記念講演"ねじの技術史"の要旨から抜粋)。人類は後に"ねじ"を自ら製作することで,それをさまざまな用途に役立ててきました。現在では,ねじを使わない機械はないといわれるほど普及し、締結用ねじの分野でも単なる締結を超える付加価値を備えたいわゆる"特殊ねじ"が続々と考案されています。今後,仮にねじに代わる新技術が出現したにしても,ねじでなければならない使用箇所は永久になくなることはないでしょう。ねじの歴史を字ぶことは,その生い立ちを知る興味,歴史的発展の延長としてねじの将来像を探ること,及び先人の知恵を現代に生かすいわゆる"温故知新"の糧として役立ちます。

揚水ボンプ

ねじの形態をした最初のものは。アルキメデス(紀元前287~212年)の揚水ポンプであるといわれています。木製の心棒の回りに木板を螺旋状に打ち付けたものが傾斜した木製の円筒の中に入っていて、円筒の下端が水に漬かっています。心棒の上端にあるハンドルをぐるぐる回すと,水を低いところから高いところへ揚げることができます。図2.1では筒の側面を開けて内部が見えるようにしています。ばじめは灌漑や,船底にたまった水の汲上げなどに使われました.これは,16~17世紀に中国へ伝えられて "竜尾車"と名付けられ,17世紀半ばには日本にも渡ってきて,佐渡金山の排水用に多数使われ"竜樋"ともいわれました。ねじの形態をした最初のものは。アルキメデス(紀元前287~212年)の揚水ポンプであるといわれています。木製の心棒の回りに木板を螺旋状に打ち付けたものが傾斜した木製の円筒の中に入っていて、円筒の下端が水に漬かっています。心棒の上端にあるハンドルをぐるぐる回すと,水を低いところから高いところへ揚げることができます。図2.1では筒の側面を開けて内部が見えるようにしています。ばじめは灌漑や,船底にたまった水の汲上げなどに使われました。これは,16~17世紀に中国へ伝えられて "竜尾車"と名付けられ,17世紀半ばには日本にも渡ってきて,佐渡金山の排水用に多数使われ"竜樋"ともいわれました。

ねじプレス

大きな力を発生するために使われた最初のねじプレスは,紀元前100年にオリーブの実をつぶすために作られた図2.3に示すものでした。ねじプレスはまた,葡萄酒作りにも盛んに使われるようになり,古い時代に使われた三角ねじ山の太い木製のねじが地中海の周辺で多数発見されています。このねじプレスが,グーテンベルクの印刷機(1450年頃)に利用されて,現在も続いている活字文明の先駆けとなりました。新聞のことを"The Press"というのはその名残りです。

締結用ねじ

レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519)が残したノートの中に,タップ・ダイスによるねじ加工の原理がスケッチされています。このことから予想されるように,金属製のボルト,ナット,小ねじ,木ねじ類は1500年前後に出現しました。これらの締結用ねじは,馬車や荷車などに使われましたし,フランスのルイ11世(1461~1483)は金属製のねじで組み立てた木製のベッドに寝ました。また,この頃の鎧のあるものは,前方から身体を入れ,胸当てをその上からねじで止めるものでした。 図2.6は,ドイツ人ゲォルク・アグリコラ(1494~1555)の著書に出ている鞴の製法を示す図の左下の部分ですが,それには,頭部にすりわりがあり,ねじ先がとがった木ねじのようなものが描かれています。
1549年に来日したキリスト教の宣教師フランシスコ・ザビエルが,1551年に大内義隆に自鳴機(機械時計)を贈りました。その時計に使われているねじが我が国に伝わった最初の締結用ねじであると推定されます。次節で述べる火縄銃のねじに遅れることわずか6年です。図2.7は、1690年(江戸時代)に出版された"人倫訓蒙図彙"に出ている時計師の図で、後方に見える櫓時計の頂上部にベルを固定するためのねじがあり,"蕨手"と称する蝶ナットの翼の部分が図示されています。
我が国には,古くから"ろくろ"と称する回転加工機があって製陶,木工などに使われていましたが,工具を回転軸の方向に機械送りすることはしませんでした。したがって,1860年に幕府が造船用機械に含めてねじ切り旋盤をオランダから輸入するまでは,おねじはすべて鑢などによる手作りでした。

火縄銃のねじ

1543年に,種子島に漂着したポルトガル人が携えていた2挺の小銃を,領主種子島時堯が大金を投じて買い上げました。 これが我が国に伝来した最初の火縄銃であり,この伝来銃の銃底をふさぐための"尾栓"及びそれがねじ込まれる銃底のめねじが,日本人が見た最初のねじであるとされています.時堯は,2挺のうちの1挺を種子島の刀鍛冶八板金兵衛に見本として与え,その模作を命じました。金兵衛は,苦心の末1年でこれに成功しました。金兵衛にとって尾栓のおねじの加工は比較的容易であり,例えば糸をコイル状に巻き付けて,その線に沿ってやすりで切り込んでいくといった方法が考えられます。しかし,金属加工用工具として"やすり"と"たがね"しかなかった当時の刀鍛冶の技術からすれば,銃底めねじの加工は難題でした。種々の苦心があった末,尾栓のおねじを雄型として熱間鍛造法で製作したのではないかと推定されます。
伝来銃の銃底に加工されためねじは,時期的に見てタップを用いて加工されたものであることは,ほぽ間違いありません。金兵衛が製作した国産第1号(と伝えられる)の銃は,伝来銃(これは本物)と並んで西之表市の種子島博物館に展示されています。

1990年 日本規格協会刊 山本晃著 「ねじのおはなし」より
尚、小説「リスボアを見た女」(阿刀田高著、新潮社 181頁平成七年10月刊)も、
この鉄砲伝来をモチーフにした展開になっています。
サイトマップ 個人情報保護方針 ご利用にあたって

環境方針  品質方針

ISO9001:2008 認証取得

ISO14001:2004 認証取得